阪本こども園について

就学前教育は、0歳から2歳までの保育と3歳から5歳までの幼児教育に分けられ、この時期の教育が後の人生に大きな影響を持つと言われています。

本園は幼児教育の重要性をしっかりと認識した上で、質の高い教育を目指し、中央区の支援と連携を通して設立いたしました。

教育機関・保育施設の目的・運営方針

目的

教育基本法、学校教育法及び児童福祉法、認定こども園法、こども園運営規則など諸法規を踏まえ、よりよい環境を通して子どもの成長発達を助長するとともに、個々に応じた適切なケアを行うことを目的とします。

運営方針

平和を希求し、子どもの未来を建設しようと願う保護者や地域の人々と共同して、よりよい教育・保育環境を醸成します。そして、真善美聖の価値に向かい、互いを信じ、汗を流し、絆を深め、子どもの可能性を切り拓いていきます。また、私学の主体性、独自性を生かすことで、地域社会に貢献します。

社会的責任

適切な法人運営を実践し、人権尊重、地域との交流を図り、教育・保育の説明責任と情報提供のために双方の対話を心がけ、公的な教育機関・保育施設としての社会的責任を果たしていきます。

教育理念及び教育目標

阪本こども園は、学園の理念『自調自考』のもとに、幼児が豊かな経験を得て他者への信頼と自立への自信を確かなものにし、自分の可能性を拓いていくよう、幼児期にふさわしい環境を用意し、保護者の方とご一緒にお子様の健やかな成長を見守ってまいります。『自調自考』の理念を具体化していくために4つの教育目標を掲げ、全人教育を目指します。

この4つの教育目標を達成するために、それぞれの年齢の発達過程に則した教育・保育のねらいを設定し、日々の生活や活動を人的環境と物的環境の両面からサポートしていきます。

教育の特色

教育の特色

永年の教育機関運営(渋谷幼稚園、浦安幼稚園、浦安こども園、青葉幼稚園、野沢こども園、渋谷教育学園幕張中高・渋谷中高、東京医療保健大学等)に携わってきた経験を踏まえ、特に3歳から5歳までの幼児教育が、その後の豊かな人間形成の礎を築く上で極めて重要であるとの考えに立ち計画・実施しています。また以下の各種教育事業は、これまで野沢こども園やその他の関連幼稚園で実施し、地域に高い評価で受け入れられています。

英語教育

ネイティブを講師として迎え、遊びを通して無理なく、楽しく、自然に正しい英語の発音と基礎が身につくようにし、その後の外国語学習に興味と感心を持って臨めることを目的とし、週1回程度、正課として指導します。

体育指導(スイミング等)

体育指導の狙いは、基礎体力の向上の他、精神面での成長を目的としています。特に幼児期の体力、精神面での発達度合いは、その後の学習能力・体力の発達、成長に非常に重要な意味を持つと考え、スイミング・体操等を通して無駄なく、無理なく教育指導していきます。
・水泳指導(年少〜年長) 1階の阪本小学校温水プールを利用し、専任水泳指導者により週1回程度、正課として指導します(実施時期は小学校の授業を優先するため季節により変わります)。
・体操指導(年少〜年長) 専任講師により週1回程度、正課として指導します。

クラス編成

3歳児からは、幼稚園機能の園児と保育園機能の園児は、同じ保育室で教育・保育を行います。教育時間は集団という枠組みでの活動が中心となりますが、教育時間外については、集団という制約がない、子ども達の自主性を重視した自発的な活動や好奇心に基づく自由な心を育むことを保育の目的としています。また、機会を設けて異年齢保育も実施します。
●クラス編成 ・1歳児 たんぽぽ ・2歳児 ゆり ・3歳児 つつじ ・4歳児 さくら ・5歳児 ひまわり

給食と食育

給食調理室を整備しており、全園児を対象に給食を実施します。 栄養士の管理のもと、園児に必要な栄養をメニューに反映させると共に、食べることの楽しさを伝えていきます。食物アレルギーのある方には、十分配慮した給食を用意します。また、月に一度、お弁当の日を設けます。(7月、8月、1月を除く)

制服

3歳児以上は、幼少期からの身だしなみや集団生活の規律等を身につけられるように、幼稚園機能の園児、保育園機能の園児とも、制服を取り入れています。 制服(冬服、夏服)、制帽、体操服、上履き、通園リュック、手さげかばん、防災ずきんを有料で提供しております。

園の機能と特色

幼稚園機能(1号認定)

■対象

保護者が日中家庭で保育できる児童

■特色

従来の幼稚園における教育・保育時間に加えて必要に応じた預かり保育を行います。

■開園時間

月~金曜日 9:00~13:30
<預かり保育> (A)7:30~9:00 (B)13:30~17:00 (C)17:00~18:30

■休園日

土曜・日曜・祝祭日・春休み/夏休み/冬休み(年度により日程が異なります) 長期休業中の預かり保育制度があります。 その他特別な事態(感染症、非常災害等)が発生した場合に休園することがあります。

保育園機能(2、3号認定)

■対象

保護者の就労などの事情により日中家庭で保育できない児童

■特色

従来の保育に加えて、3歳児からは幼稚園と同様の教育を行います。

■開園時間

月~土曜日 7:30~18:30
延長保育 18:30~19:30

■休園日

日曜・祝祭日、12月29日~1月3日 その他特別な事態(感染症、非常災害等)が発生した場合に休園することがあります。

教育時間 /3~5歳児対象(1号・2号共通):月~金曜日 9:00~13:30

一時預かり事業

通常、家庭で保育をしている保護者の事故・疾病や心理的・肉体的疲労等で緊急を要する場合、また就労等で家庭での保育や育児が困難になった場合などに、保護者の委託を受けてお子さんを一時的に預かる事業を実施します。

園の概要

種類

公私連携幼保連携型認定こども園

利用定員

幼稚園機能(1号認定)45名

3歳児15名/4歳児15名/5歳児15名

保育園機能(2・3号認定)72名

1歳児12名/2歳児15名/3歳児15名/4歳児15名/5歳児15名

主な設備

保育室6室(1~5歳児、一時保育)、遊戯室1、事務・職員室1、保健室1、面談室1、厨房1、厨房事務室1、休憩室1、ロッカー室2 他